地球の歩き方で地球を歩く 目指せTOEIC900点

アクセスカウンタ

zoom RSS 長野慶太 プロの残業術

<<   作成日時 : 2010/08/22 15:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長野慶太さん 「プロの残業術」

ワークライフバランスという言葉が市民権を得て、残業する奴はダメ、優秀な人は定時に退社、みたいなイメージができあがっていますが、ちょっと違うと思っているので書店で目にして手をとった。
やることななければ定時退社、やることがあれば朝まで働く覚悟!はできてるつもりですが、さて、どんなことが書いてあるのやら・・・

まず、「はじめに」のところで、「人が職場で苦しむのはストレスであって時間ではない」
大賛成です。充実した仕事をしていれば、○○日連続で休みなし、○○の直前は徹夜続きだった!というのは、後になってやりきった、という充実感をあらわす言葉ですね。(誰しもそう思えないことが問題なんでしょうけど)
また、「会社が仕事がないと言おうとも、あなたは会社のため、そして自分のためになる仕事を見つけ出し、残業させてもらうことが必要。・・・定時を過ぎたら「自分のための仕事」をする」とも。
これで残業代請求してたらどうかと思うけど、時間外を自分の時間に使うというのはよく分かる。でも、自分のために使うならば職場でやるのか、カフェでやるのか、自宅でやるのか・・・という選択肢もあるような。。

PART1 一流になるにはなぜ「プロの残業」が必要か?「スキルの高さはかけた時間に比例する・・・盗んでこそスキルアップ。盗ませてもらうには圧倒的に時間をかけることが必要。」「起きられなければ目覚まし時計を10個買え」
「残業の効率をあげるIPS(Ideal Performance State)…精神的落ち着き、肉体的リラックス、不安の解消、意欲、楽観的な態度、楽しさ、無理のない努力、自然さ、注意力、集中力、自信、自己コントロール」
「ご褒美、シール→仕掛けでモチベーションを管理する・・・1日1冊本を読むために、1冊読むごとに目に見えるところにシールを貼る」
「仕事の優劣にかかわらず、ある仕事を数ヶ月も1年も抱え込むなどはプロとして失格」
言われてみると当たり前だけど、僕の机にはだいぶ古い付箋(タスクリスト)が残っていた。どうしても、塩漬けになってしまうことありますよね、、でもプロではなってことだ。今月中にあれを片付けよう・・・。
「優先順位に関係なく、抱え込んだTODOリストの項目を消していくことはストレスマネジメント上とても大事なことだ。だから残業で底だまりのストレスを解消する、あるいは底だまり自体つくらないようにしていく。」

PART2 残業時間を「自分のための時間」に変える
「できるリーダーはみな短期。そのペースについていけ」
そういえば、昔仕えたカリスマコンサルタントは短気だった。よく怒る。でも優秀な証ってことですね(笑)
「上司の方が前から経験して考えてきているのだから・・・上司の指示やプランの中によほど明白な誤りや問題がなければ、まず「はい」と素直に返事する」
これは、イエスマンになるということではなく、今夜残業して「イエス」が正しいかどうか判断するということだそうだ。何日も預かったらイエスと同じ。翌日には、昨晩いろいろ調べたのですが・・・といえるのは本物。
「優秀な上司は例外なく短気だし、魂をこめた仕事をしていれば、腹を立てたときにはてがつけられないこともあって当然だ」「スキルアップと成果拡大志向からいえば、まずは怒る上司を肯定することが必要。」
「はい」と言って相手の思考を停止させ、翌朝なら覆すことは可能だそうだ。
効率化は必要だが、「考える時間は効率化はできない」とも。たしかにそうだ。残業廃止論者は、パーキンソンの法則(人間は与えられた時間を使いきるように仕事をする)過剰に振りかざすようだ。でも、「考える時間を効率化できる人はなく、これくらいで十分という時間の中で練った熟考は、十二分に時間を投下して考えたプランに比べ質においておとって」しまう。効率化・廃止できるプロセスと、そうでないものはしっかり見極めなければいけない。時間をかけるべきところは、一見非効率に見えることでも堂々と残業しよう。
「朝残業」については、「みんながやってくる時間が終わりの時間。ということはパーキンソンの法則からして、仕事の性質によっては効率があがる。・・・熟考の要する仕事には向かないが、事務などの「底だまり」の消化には役立つ。」よし、明日から朝早くいって単純作業は始業前に終わらせてしまおう。そういえば、前述したかつての上司は、基本は出張していて会社にこないが、会社に来る日は一番に来て、旅費精算の書類を片付けてしまったり、誰も使っていないプリンターで大量の資料を印刷したりしていたなぁ。できるビジネスマンには共通点がやはり多い。


プロの残業術。 一流のビジネスマンは、時間外にいったい何をしているのか?
草思社
長野慶太

ユーザレビュー:
残業しない〇〇みたい ...
同僚、部下には読ませ ...
内容は悪くないが、実 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロの残業術。 一流のビジネスマンは、時間外にいったい何をしているのか? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長野慶太 プロの残業術 地球の歩き方で地球を歩く 目指せTOEIC900点/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる